今井隆一

代表弁護士:今井隆一(いまい りゅういち)

弁護士今井の「よくあるご質問」のページはこちらです。


経歴
 昭和62(1987)年 千葉大学法経学部法学科を卒業。最高裁判所(行政局)に採用。
 平成 元(1989)年 東京地方裁判所の裁判所書記官に任命。その後は、最高裁判所(総務局・人事局)、東京高等裁判所、水戸地方裁判所、静岡地方裁判所浜松支部・浜松簡易裁判所で勤務。
 平成16(2004)年 裁判所を退職。
 平成17(2005)年 私立早稲田大学法科大学院に入院。
 平成20(2008)年 同院を修了。
 平成21(2009)年 司法試験に合格、司法研修所に入所。
 平成22(2010)年 弁護士登録(東京弁護士会)。ジェイブリッジ法律事務所に入所。
 平成23(2011)年 中村法律事務所に入所。
 平成29(2017)年 三鷹武蔵野法律事務所を設立。共同代表に就任。


ご挨拶

 三鷹武蔵野法律事務所の弁護士の今井隆一です。当事務所で最年長の弁護士です。
 杉並区荻窪で生まれ、2歳半から母の出身地の三鷹市新川に転居して生活の本拠とし、4年前には骨を埋める決意で同地に自宅を建てた私にとって、「三鷹」、「武蔵野」、そして「多摩」とは、他と比べようのない愛着を感じる縁の深い地です。
 この度、この縁の深い地に、「三鷹」と「武蔵野」の二つの名を冠する法律事務所を開設することができました。ここに至ることができたのも、皆様方のご愛顧ご指導があってこそと深く感謝しております。
 これまで、裁判所書記官の経験も生かし、相続、遺言、夫婦・男女関係、親子、不動産取引、借地、借家、交通事故、医療過誤、貸金、債権回収、債務整理等の幅広い分野で経験を積んで参りました。
 事務所新設を機に、これまでを省み、一層のご信頼とご愛顧をいただくことができますよう執務に邁進する所存ですので、一層のお引き立てをお願いいたします。


取扱分野

 中小企業法務(法律顧問、経営、法令遵守・コンプライアンス、事業承継等)
 相続関係(遺産分割、遺言書作成、遺言執行、遺留分減殺等)
 親族関係(離婚、面会交流、認知、養育費、成年後見等)
 不動産関係(売買、賃貸、明渡し等)
 交通事故関係(人身事故、物損事故、被害者・加害者問わず)
 倒産・債務整理関係(破産、民事再生、任意整理等)
 知的財産権関係
 インターネット問題関係
 労働問題関係
 行政事件関係
 その他


所属弁護士会

 東京弁護士会


講演・著書・活動

 日本加除出版「基礎から実務へ 民事執行・保全」(共著、2013)
 民事法研究会「書式不動産執行の実務」(新訂版から新訂5版まで)
 同「書式債権・その他財産権・動産等執行の実務」(全訂版から全訂7版まで)
 金融法務事情1326号「建物の建替えと法定地上権」(共著)
 判例タイムズ社「債権執行の諸問題」(共著、1993)
 金融財政事情研究会「民事執行法上の保全処分」(共著、1993)
 法曹会「不動産執行の理論と実務」(初版、共著、1994)
など。


SNS等

今井隆一弁護士


最近の活動